So-net無料ブログ作成
映画・TV ブログトップ

ノルウェイの森 [映画・TV]

ノルウェイの森」を見た。
ビートルズを聞きたくなった。
もう一度本読んでみようかな。


ノルウェイの森  上下巻セット (講談社文庫)

ノルウェイの森  上下巻セット (講談社文庫)

  • 作者: 村上 春樹
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/11/05
  • メディア: 文庫



ノルウェイの森 スコアブック

ノルウェイの森 スコアブック

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: シンコーミュージック・エンタテイメント
  • 発売日: 2010/11/16
  • メディア: 楽譜



THE BEATLES 1

THE BEATLES 1

  • アーティスト: ジョン・レノン,ジョージ・ハリスン,ポール・マッカートニー
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2000/11/13
  • メディア: CD


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

シングルマン [映画・TV]

トム・フォード初監督の映画「シングルマン」を見た。

長年の恋人を失った男のある一日。
喪失と再生、人生の意味について。
愛とは。

斬新なようで
ある意味映画の
というか創作の王道のテーマだ。

ちょっぴり哲学的で
見ていてわくわくする映画ではないけれど
味わい深くて心に染みた。

でも私は最後の終わり方だけ異論あり。
なんだか美しすぎる幕引きだって思うから。


A Single Man

A Single Man

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Relativity Med. Sdtk
  • 発売日: 2009/12/22
  • メディア: CD


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

インセプション [映画・TV]

夏にレオナルド・ディカプリオの「インセプション」を見た。

夢の中の夢の中の夢の中の・・・。
不思議な発想の不思議な世界。
と思っていたらそんな夢を見た。
目が覚めたと思っていたらそれも夢なの。
夢って、眠るって、不思議だなあと思う。

夢も大切だけれど現実を大切にしたいと思った。


インセプション [DVD]

インセプション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

悪人 [映画・TV]

映画「悪人」を見た。

二人の逃避行はどん詰まりで切ない。

相手に出逢って初めて見つけた
自分が生きている実感、
相手と自分の世界、希望。

脇役で物語が重層的になる。
悪人がいるのではなく
不幸と浅はかがあるのだと思った。

夢追い」というフランス・カナダ合作の映画を思い出した。
あれも最後が「これからどうなるの?」と
不安の残る映画だったなあ。


悪人 シナリオ版 (朝日文庫)

悪人 シナリオ版 (朝日文庫)

  • 作者: 吉田 修一
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2010/08/06
  • メディア: 文庫


タグ:映画 悪人
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ハッピーフライト [映画・TV]

テレビで「ハッピーフライト」を見た。
映画っていうよりテレビっぽいのりな感じがするけれど
さわやかで見終わってハッピーな気持ちになった。
飛行機が飛ぶのにあれだけの裏方さんが
力を合わせて連携しているっていうことも
考えたことなかったけれどすてきだなーと思う。
飛行機にぶつかる鳥、かわいそう。
高度なテクノロジーがあるなか
鳥に関してはアナログなんだなーと思った。
というか天候に関しても
自然は絶対だったりするけれど。

綾瀬はるかちゃん、かわいかったです。



nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

シャッターアイランド [映画・TV]

映画「シャッターアイランド」を見た。
うーん。
まだところどころ
これってどういう意味だったんだろう・・・
と思う部分がある。
ラストの言葉も考えてしまう。

人が生きているなかでおこった色んなこと
色んな人生、色んな傷。
あの施設の中の人々は犯罪者だったりする訳だけど
絶望的な苦しみや捉われた世界に
一体解決はないのだろうかって思う。
癒される方向にいって欲しいって願ってしまう。

レオナルド・ディカプリオよかったです。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ヴィヨンの妻 [映画・TV]

昨年の暮れになるが
映画「ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~」を見た。
よかった。
松たか子さんすてきでした。
着物や風景などの映像もきれい。
しんみりした。
太宰治の短編集も買って読んでみた。
暗いばかりと思い込んでいたがそうでもなく
生きる哀しさとともにユーモアもあるバランスのとれた短編集で
なかなか味わい深かった。
今年は太宰治の生誕101年目。


ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~ [DVD]

ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD



ヴィヨンの妻 (新潮文庫)

ヴィヨンの妻 (新潮文庫)

  • 作者: 太宰 治
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1950/12
  • メディア: 文庫


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
映画・TV ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。